イタグレ オリーヴの日記 olioliolins

オリのハゲ止まり 甲状腺機能低下症 その後

オリーヴが甲状腺機能低下症とわかり、
毎日ホルモン剤を飲むようになってから4週間。

その間、会った人に病気のことを聞かれたり、
このブログが病名の検索でちょこちょこヒットされてるので、
今日は経過説明をします。

「なんだか耳の周りがハゲたな~」と感じたのは昨年12月末。
↓写真は病院に行く前日の1月22日。
軽い外耳炎の治療をしていたので、
てっきり病院で使ったクリーナーのせいだと思い、
先生に文句を言ったら寒さのせいじゃないかと様子見。
(この病気は免疫力が落ちるため、
外耳炎になりやすいと指摘しているサイトもあります)
f0158862_1115833.jpg

すぐにホルモン検査をしなかったのは、オリがすごく元気だったから。
甲状腺機能低下症の子は目の輝きがなくなり
動きも緩慢だから違うであろうと。
かゆがる様子も湿疹もなかったので、皮膚炎も却下。
ストレスの可能性は言われなかったなあ。ハゲ方が違うのかも。

その後じわじわハゲが進行。
頭のてっぺんは半分くらい浸食され、耳の後ろから首筋は全滅。
肩から肘にかけてと、太ももの外側もほとんど地肌に。
f0158862_1141624.jpg


3月はじめ、ホルモン検査をする決め手になったのは、
脱毛した部位に色素沈着が出てきたから。
年を重ねるごとにシミは多くなってきてたけど、急にぶわっときた感じ。
↓お腹やもものあたり、汚れじゃなくてシミ。
f0158862_11543562.jpg

現在、毛は8割くらい戻ったかな~。
f0158862_11133968.jpg

↓以前の写真。オリはホントは耳だけ茶色が濃いのです。
f0158862_18375938.jpg

この病気は中型犬~大型犬で5歳以上の子には珍しくないようです。
他の症状としては、傷が治りにくい、寒さに弱くなる、
食欲が落ちずに代謝が下がるので太りやすくなるなど。
進行すると内臓疾患が現れ、衰弱してしまします。

「犬 甲状腺」で検索すればたくさん情報がGETできるので、
気になる人は調べてみてください。

ハゲ散らかる前の全身写真も載せておこう。
f0158862_11214198.jpg

現在オリはちょっとやせてますが、ホルモンを補充したことにより
低下していた代謝が正常になってきたのでやせたようです。
ご飯をたくさんあげてます。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ ←ブログランキング ここんとこ苦戦中。 応援よろしくね!
[PR]



by olins | 2009-04-05 12:00 | からだ

オリーヴはルビーの改名前の名前です/イタリアングレーハウンド♀/2004生/気が弱いけど思い込みが激しい/ちょっとおバカちゃん      ◇ link free ◇           
by olins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

画像一覧